2014年09月15日

渋皮煮を作りました

知り合いの方から、新城産の巨大な生栗をいただいたので、渋川煮にしました。

作り方は、基本的には以下のページに従いました。

栗の渋皮煮の作り方
http://www.katch.ne.jp/~takeda/sonota/kurisibukawa.htm

まずは、いただいた栗です。
shibukawani1.jpg

大きさがわかりにくいので、よめのiPhoneと並べてみました。いかがでしょうか。
shibukawani2.jpg

…えーと、まあ、とにかくでかいんです。
これを、まずは殻のままゆでます。うちにある一番大きな鍋を使っております。
shibukawani4.jpg

それから、鬼皮を剥きます。人類の英知の結晶である、「栗くり坊主」を使います。
1個につき1分かからずに剥けます。…が、それでも、1時間近くかかりました。
shibukawani3.jpg

剥いたら、あとはひたすら、重曹を入れて煮る、を3回くらい繰り返します。
灰汁がとにかくすごいです。笑ってしまうくらいでます。ちなみに以下は、2回目ときのものです。
shibukawani5.jpg

最後、栗1kgに対して砂糖を800gも入れて煮たら完成なのですが、我が家では200gにしておきました。
そもそも栗が1kgだったかも怪しいのですが、あっさり目でいいや、ということで。
こちらが完成品です。
shibukawani6.jpg

実は、作ったのは先週で、毎日3〜4個食べていますが、まだ残っています。
うーん、幸せ。
posted by 栗パラ at 20:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。